料金の渡し方にも注意が必要です

"風俗では、様々な男性の性癖を解消してくれるプレイを堪能することが出来ます。
貴方がどんな変わった性癖を持っていてもきっと風俗はその性癖を叶えてくれることでしょう。
デリヘルの中には「プレイ前に口座に振込む」といった支払い方法を要求してくることもありますが、それは絶対にあり得ません。
そんなデリヘルの利用は避けるべきです。

 

もし実際にデリヘルを利用されるのでしたら、貴方の条件を最初にしっかりと決めておくようにしましょう。
「デリヘルを呼ぶ地域」「予算」「女の子のタイプ」などを予約をする前に自分なりに決めておいてください。

 

デリヘルでの料金の支払い方法というのは、デリヘルのお店によって若干の差が生じています。
代表的な方法は「女の子に渡す」や「付き添いのスタッフ(ドライバー)に渡す」などが挙げられます。"



料金の渡し方にも注意が必要ですブログ:17-8-14

大人になるとほとんどの人が、
24時間の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな子供がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になるムスコも、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
おいら達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな子供に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという嫁に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友人に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと嫁や子供と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところムスコに
「仕事だからね…」と言い聞かせている
おいらのこころ片隅には、
「おいらは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

おいらはこれからムスコに
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

明日はいい日かな〜